<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ 

「それじゃあ、お母さんと約束してくれる?」


「約束?」


「そう……あなたにはこれから先、ずっと優香ちゃんの
 ことを守っていってもらいたいの」


「お母さんはもう、大丈夫だから。
 今までずっと、達也に守ってもらってきたから…」


「…………」


「優しいお兄ちゃんになってあげて?
 それがお母さんからのお願い……約束してくれる?」









義父の連れ子であった優香は、泣き虫で人見知りをする女の子。

守ってあげなければいけなかった。

両親がいなくても、普通の女の子としての幸せを。

他の家の子供に生まれてくればよかったなんて、妹に思わせないためにも……。


だから、兄は妹を大切に育てた。

彼女が帰ってくれば、必ず「おかえり」と笑顔で出迎えた。

幼い頃から妹の兄として、親代わりとして生きてきた岩崎達也。

なのに、妹の優香は……。






思春期を迎えた頃から素行が悪くなり、彼女を警察まで迎えに行くことは兄の役目だった。

何歳になっても、妹のことが心配な達也。それに嫌悪感を示す優香。

幼い頃、彼らを義理の兄妹として結びつけていた両親は既になく、
だからこそ兄は義妹との関係にこだわった。


たとえ妹に嫌われ、避けられる日々でも……達也にとって、優香はこの世に二人といない大切な妹だった。



そんな優香がある日、珍しく部屋に友達を連れてくる。

その出逢いが、兄妹の関係に微妙な変化をもたらすことなど気づきもせずに……。

 


妹の友人、天童寺菜々子。

それは達也が初めて身近に接する、妹以外の『異性』だった。

二人の出逢いは、確実に兄と妹の日常を変えていく。

目も眩むようなスピードで、”現在”は”過去”を塗りつぶしていく。


 

菜々子との距離が近づくにつれ、優香は居場所を失っていった。
そうして、ぽっかりと空いた心の隙間。

それに気づいたのは、兄でも妹自身でもなく――。


「お前、オレに惚れるな」

「…バカじゃないの?」

「恋愛なんてのは、そういう男と女がするものだろ?」



すれ違い、翻弄される二人の運命。

妹が目撃する衝撃の瞬間。


「そうだよね。わたしみたいな妹、いてもうるさいだけだし…」

「…………」

「早くお嫁に行って、ここから出て行った方が
 アニキは幸せなんでしょ?」

「なに言ってんだよ。俺はそんなこと、一言も…」

「っ…アニキが菜々とキスなんてするから!」

「!?」

 



 

…審判の時は来た。

全てを終わらせる一言が、屋上に、胸奥(きょうおう)に、
静かな余韻を残していく。

伸ばした手は、優香に届かなかった。

でも、それを悲しいとは思わなかった。

優香の真っ直ぐに伸びた背中を見て、今までの自分が
決して間違いではなかったと自惚れることができたから……。






 




二人は、義理の兄妹だった

「…卑怯よね、義理の妹なんて」

「…………」

「あの子が岩崎君の本当の妹だったら……」

「…ここまで優香を憎まなかった、か?」

「…………」

――もしも、本当の兄妹だったなら?

少年はいつしか、そんなことを考えるようになった


今までこだわり続けてきた優香との関係。

意地になっていた部分もあったんだと思う。

血縁がなくたって、他の兄妹には負けない…と。

自分に、俺は優香のお兄ちゃんなんだという暗示をかけ続けて。

「……しちゃいましたね。お兄ちゃん離れ」

妹は、歩き始めていた

自分にしか選べない道……確実に兄から離れる第一歩を――







お兄ちゃんを惑わせる新たなヒロインたち


「わたし……ずっと岩崎君のファンだったんですっ。
 小学校の頃から、野球をしている岩崎君のことを追いかけていて…」

「え…」

 

「なに、この雰囲気……たっちゃん、どうして
 さゆりと見つめ合ってるの?」

「気にしすぎよ、純子は。
 ただ座ってるだけじゃない、彼は…」


そしてMr.純愛として生まれ変わった虎牙猛!

「お前には関係ねえ」

「関係なくはないでしょ! 人のこと散々待たせておいて…」

「それ以上、近づくな!」

「!?」

「…悪い。でもこの距離でいい。
 お別れの握手でもしたいところだが、オレの手は
 ヨゴレちまってるんでな」


「…純子が言っていたわ。君の小さい頃の夢は、
 プロの野球選手になることだったって…」

「…………」

「君は……妹さんのために自分の夢をあきらめたの?」

 

”いもうと”のために野球を始めた虎牙猛

そして妹のために野球をやめた岩崎達也


「あんた……妹はいるか?」

「…昔はな。だが今はもういない」


「舞、待った待った。まだ靴、ちゃんと履けてねえ」

「ほら、早くしないと遅刻するよ〜?」

「分かったからいちいち手を握るなって、お前は〜」

(…ようやく見つけたぜ、頬に傷のある男。
 朝から女を連れていい身分じゃねえか…)


一度は分かたれた二人の道が、
幾多の出会いと別れを繰り返し、再び交錯する!


「俺に何の用だ…?」

「まあ、そんなに焦んなって。
 オレはお前にとって有益な情報を持ってるかもしれねえぜ?」

「何…?」

「たとえば、そうだなあ……優香の話なんてどうだ?」

「優香はどこにいる!?」

「おいおい、落ち着けよ。
 オレの口は気分屋なんでな。機嫌を損ねると何も出てこねえぜ?」

「くっ…」


 そんな日常の中で時折顔を見せる、野球バカの自分
 

「すみませ〜ん。よかったら投げ返してくれますか〜?」

「また白々しいこと言ってるよ…」

「達也さん…」

「下がってて」

「え…」

「無理しなくていいですよ〜。転がしてくれて」

「達也さん、そのボール私が持っていきます」

「ん…平気だよ」

「でも…」

「へいへい! ライト、ビビってるよ〜!」

「だから……うるさいんだよ、そこの!」

「!?」

「――――!?」

すぱぁーん!!

「ちっ…あいつ、隠れて練習してやがったな」

「あの小僧……少し調べてみる必要があるな」



そして遂に姿を現す、新たな「怪物」


「あれが天才バッター? ずいぶんレベル低いんだね」

兄を奪われた妹は何を思うのか?

「好きだから……あの人としたんじゃないんですか?」

「違うって言ったら?」

「…………」

「あなたからお兄さんを奪うのが楽しくてセックスしたって言ったら?」


兄妹はどんな道を選び、未来へ向かって歩き出すのか?

「そんなつもりで言ったわけじゃないよ。
 それに自然なことだろ? 好きな人ができて、
 その人と一緒に来たいって思うのは……」

「…………」

「それが……当たり前なんだよ、優香」

優香にだけじゃなく、自分に対してもそう言い聞かせていた。

俺もいつか誰かを好きになって、優香以外の女性を連れて
ここへ来ることになる。

それは寂しいけれど、俺たち兄妹には必要なことだ。

「…兄妹で結婚できたらよかったのにね」

優香は笑っていた。

同時に空を見上げ、必死に溢れる涙を堪えていた。

「そうだな…」

優香の立ったスタートラインに俺も肩を並べる。

号砲はない。

それぞれが別々のスタートを切るだけだから。

「兄妹で結婚できたらよかったのにな?」


 


 

                「お前の力を一番認めていたのは達也だった」                 


                             「…あの人を独占できるなら、地獄に堕ちたってかまわない」

 
                                                      「お兄さんであり続けるのは辛い?」

                
                 「わたしは2年後……お兄ちゃんのいない学校で何をしてるのかな」      
 

                                                「いい加減、気づけってんだよ!                                
                                                てめえのその何も考えねえ兄バカさに、傷ついてる女がいるってことを…」       

                                       
                                                         「ぼーいずらぶ♪ ぼーいずらぶ♪」

                        「もう一緒には暮らせないね…」

                                             


                                    「言っておくが、舞浜和樹程度の球だと思うなよ?」
 


 



 3年の歳月を経て新たに生まれ変わった
ある、兄と妹の物語!


 

「選べ。野球か、あの女か、それとも――」 


<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ