<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ 


前作「幼なじみな彼女」でもあった
なりきりHは今作でも健在


あなたはどこにでもいる一般的なお兄ちゃん

家庭での権威は兄>妹

それなりに威張り、それなりにケンカもします

そんなあなたにも、
ひとつだけ他人には言えない秘密が!

今日もあなたは家族にその秘密を隠し、
病院の泌尿器科へと向かいます……

サンプルはWEB用に省略している部分があるため、
一部繋がりが不自然な部分があります

※現在は看護師という呼び方で統一されていますが、
ゲーム中で「看護婦」なのは仕様です

理由:「看護師」という響きには浪漫がないため

 


 

「えっ、お兄ちゃん!? どうしてここに……」

「ゆ、優香こそどうして!?
 小児科担当じゃなかったのか!?」

「今日、ここへ異動になって……お兄ちゃんが初めての
 患者さんだよ……」

「そうか、異動になったのか…」

「…お兄ちゃん、早漏だったんだ」

「あ、違うっ、違うんだ! これはっ…」

「安心して、みんなには内緒にしててあげるから。
 でもまさかお兄ちゃんがねー、うふふっ♪」

 

精神的な部分も関係してくる早漏の治療にその言い方
はないだろう……と思いつつ、仰向けで寝っ転がる。

「大丈夫ですよー、楽にしててくださいねー?」

 

優香は俺の両脚を横に開き、どこからか取り出した
『おしぼり』でペニスを拭いてくれた。

「でもお兄ちゃんのおち○ちん、こんなに大きくて
 男らしいのに早漏なんだ♪」

「人もおち○ちんも、見かけじゃ分からないよねー」

 

役目を終えたおしぼりを置き、ゆっくりとサオを手で
扱き始める。

 

その手つきは本当に事務的というか、
作業といった感じだった。

「イキそうになったら、わたしの身体を叩いて教えて
 くださいね」

 

看護婦と妹の口調を織り交ぜつつ、
緩やかに早漏治療は続けられていく。

「…ねえ、お兄ちゃんって女の子としたことあるの?」

「そ、そのぐらい俺だってっ…」

「こんなピンク色のおち○ちんしてるのにぃ?
 早漏のおち○ちんじゃ、挿れてもすぐ終わっちゃう
 もんね。これじゃ彼女できないわ」

「くっ…」

「お兄ちゃんってさぁ……小さい頃からわたしに意地悪
 ばっかりしてたよね」

「何かあればすぐ人を子供扱いして……」

「はあ…はあ…優香っ…」

「今だってそう。家で威張り散らして、いつも偉そうに
 してさ」

「お前も早く結婚しろ?
 そんなこと童貞に言われたくないよね〜」

「もういいっ。他の看護婦さんを呼んでくれっ」

「じゃあ、ちょっと試してみよっかな。
 お兄ちゃんがどの程度、頑張れるか……」

「なっ!? ああっ、ああああーっ!?」

 

最初から容赦なく亀頭を口に含み、俺の太腿に手を
添えてくる優香。

 

頭の動きはほとんどなく、ただじわじわと口腔の粘膜で
締めつけてくる。

 

そして太腿を優しくなでなでされると、

「ああっ、ダメダメっ。出る出る出るっ!?」

 

本気で射精しそうになり、慌てて優香の腰を叩いた。

「超ウケる♪
 十秒ぐらいでイキそうになってる〜」

 

…素で屈辱だった。

 

妹看護婦の言動もそうだが、
射精をコントロールできない自分も情けない。

「しばらく休んで、また再開しますね〜」

 

白々しい看護婦口調がイライラに拍車をかける。

「ああっ、あああああーっ!?」

 

休憩時間が終わり、再び優香は手も使わずに亀頭を
含んでいく。

 

こちらが暴れても無理に押さえつけようとせず、
上手く俺を乗りこなしながら仕事が続けられる。

 

口腔が狭められると、
腰から下が勝手に跳ね上がった。

 

我慢しても我慢しても快感が押し寄せ、
息を止めていないとすぐにでも射精しそうになる。

 

そして唇が締まったかと思うと、一気にカウパーを
吸飲していった。

「あっ、あっ、看護婦さっ…看護婦さんっ」

 

呆気なく2敗目を喫し、優香の腰を叩く。

「は〜い、少しずつ慣れていきましょうね〜?」

 

口から出された瞬間、
ペニスは勢いよく下腹に張りついた。

 

俺は俺で、無様に優香の太腿へ縋りながら呼吸を
整える。

「はあ…はあ…看護婦さん、いつまでこれを続けるん
 ですか?」

「いつまで続けてほしいですか?」

 

意地悪な切り返しをし、優香は指先でこちょこちょと
裏筋をくすぐってくる。

 

そんな人差し指一本で射精まで持っていかれそうに
なり、三度目のタップをする。

「お兄ちゃんさ、よくこんな早漏のおち○ちんで今まで
 威張ってこれたよね?」

「っ…」

「あれ? 自信喪失しちゃった?
 あっ、最初から自信なんてあるわけないか♪
 こんなしょっぼいおち○ちんじゃ」

 

話の間に何度も人差し指一本でイカされそうになり、
そのたびに屈辱のタップをした。

 

本気で泣きたい気分だった。

「じゃあ、今日の治療はこのぐらいにしますね。
 また来週、来てください」

「安心して? 病院での治療は週に1回だけど、
 家でわたしが毎日治療してあげるから♪」

「え…」

「だっていつも威張ってるお兄ちゃんが早漏だなんて
 かわいすぎ♪」

「あっあ!? うっう、イクっ!?」

 

敏感になっていた亀頭は、口内の粘膜に触れた瞬間、
限界まで硬化していった。

「看護婦さっ…看っ…うううぅっ!?」

 

いくらタップしても唇での奉仕は続き、
途切れない快感に全身が痙攣する。

 


もちろん、まだまだこのあとも続いていきます♪

高慢な妹
幾度も繰り返される喉ち○こ射精
そしてその先の挿入シーンでは!?

早漏治療中の兄に明日はあるのか!?



<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ