<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ 


大きいおっぱいが好きです。

でもね、

好きな女の子の
一生懸命な姿を見ていると思うんです。

もし君が世界一胸の小さい女の子でも、

ボクは絶対、君を好きになっただろう、って。


※サンプルではバッググラウンドで流れるフェラ音などは省略しています
実際には地の文が流れている間も
細かく吐息やフェラ音が変化していきます

 


 

「ごめん、キリがないよな。ちょっと休もうか?
 優香も疲れただろ…?」

「でも……お兄ちゃん、ツラくない?
 お○んちん、ずっとこんなに大きくなってたら……」

「ま、まあ…」

「ちょっとそこで立ってて?
 わたしが小さくなるおまじないしてあげる♪」

「小さくなるおまじない…?」

 

頷いた優香は、ティッシュで膣口を押さえたあとに
俺の前で膝立ちになった。

「んしょ……上手くできるかな……」

「うあっ、優っ…!?」

 

予想外の行動に股間が勢いよくそそり立った。

 

手の指は猛禽類のように鉤爪状になり、
全身の筋肉が硬直する。

「もぉ、そんなに力入れなくても大丈夫だってば。
 楽にしてて、お兄ちゃん…」

 

そう言って懸命に乳房を左右の手で集め、
谷間を深くする優香。

 

慣れない刺激だけに何度もペニスが胸の間で
ビクついた。

「…優香、そんなことどこで覚えてきたんだ?」

「そんなことってどんなこと?」

「だから……胸で挟んでとか……」

「やっぱり変? 気持ちよくない?」

「そういう話じゃなくて……」

「んっ…んっ…なんか上手く挟めない。
 お○んちん、滑っていっちゃう……」

 

勃起する力が強まるほどペニスは胸の谷間から
逃げようとし、優香は左右の手に力をこめる。

 

膣内とはまた違った温もりに包まれ、ただ挟まれている
だけでも気持ちよかった。

 

何より、一生懸命胸を寄せている優香が健気で
かわいい。

「優香、前より胸が大きくなったんじゃないか?」

「そうかな? でもお兄ちゃんのお○んちんを挟むに
 はまだまだ小さいよ…」

「前々から思ってたけど、やっぱりお兄ちゃんのって
 普通の男の人より大きいよね…?」

「しかもまだ、全然本気の大きさじゃないし……」

「いや、あんまり本気とかって加減ができるようなもの
 じゃないんだけど…」

「絶対、ウソだよっ。わたしの膣内に入ってくると、
 この先っぽのクビレがぐわ〜って拡がって傘みたいに
 なるんだからっ…」

 

次第にコツを掴んできたのか、男性器の扱いも上手く
なってきていた。

 

谷間から飛び出さないよう両手でサオを押さえ、
ゆっくり身体を縦に揺すっていく。

 

通常、サオを扱かれる時は手で強く握られた方が
気持ちいいが、埋もれるような乳房の感触も存外に
心地よかった。

「…わたしも菜々ぐらい胸がおっきくなりたいな」

「え…菜々子ちゃんってそんなに大きかったっけ?」

「あの子、着痩せするタイプだから……脱ぐとすっごい
スタイルいいんだよ」

「へー」

「へー…ってそれでおしまい?」

「ん? 他に何があるんだ?」

「だって……男の人っておっぱいが大きい方がいいんで
 しょ? わたしはそんなに大きくないから……」

「そんなことないって。
 形も綺麗だし、優香の胸が一番いいよ」

「ほんと? わたしの胸でも挟むと気持ちいい?」

「ああ」

 

迷わず答えると、優香は照れ臭そうに頬を赤らめた。

 

これだけ大胆なことをしているのに反応が女の子してい
て、思わず抱きしめたくなってしまう。

「わたし、がんばるからね。
 お兄ちゃんの横に並んでも釣り合うように……」

「これからもっと胸も大きくなるから……だからお兄ちゃ
 ん、わたしのこと嫌いにならないで……?」

「バカだな、嫌いになんてならないって。
 俺、ほんとに優香のこと好きなんだから……」

「…………」

「信じられないか? 俺のこと……」

「…信じたいよ。でも不安なんだもん」

「不安…?」

「…わたし、お兄ちゃんにイカせてもらうまでセックスの
 ことバカにしてた」

「女は男の人に尽くして喜んでもらうだけなんだって
 思ってたの…」

「…………」

「保健の先生とかすごく冷静に男の人のことを分析して
 るけど、そんなのお兄ちゃんに抱かれたことがないか
 らだよっ」

「もしお兄ちゃんのエッチを知ったら、みんなそれまでの
 自分を全部否定されて頭が変になると思う…」

「天国って本当にあるんだぁって……赤ちゃんを作るの
 ってこんなに幸せなんだぁって……」

「もし優香がそんな風に思ってくれたんなら、俺は
 最高に嬉しいよ」

「……お兄ちゃんはわたしの気持ち全然分かってない」

「え?」

「わたしは、お兄ちゃんのことを好きになった女の子たち
 をいっぱい見てきたんだよ…?」

「不安になるに決まってるじゃん……これからもいっぱい
 お兄ちゃんに言い寄ってくる女の人だって……」

「きっとわたしより綺麗だよ? 胸もおっきいよ?
 それにエッチだって上手くて、ぼ〜っとしてるお兄ちゃ
 んなんてすぐ襲われちゃうよっ……」

「なら俺はどうしたらいいんだよ?」

「っ…それが分からないからこうしてるのっ」

「…………」

「わたし今まで避妊なんて考えてこなかった。
 本当は心の中で赤ちゃんができちゃえばいいのにっ
 て思ってたの…」

「そうすればお兄ちゃんはわたしだけのものになるっ
 て……生まれてくる子供の気持ちなんて何も考え
 ないで……」

「…………」

「…もしかしたらあのかれんっていう子、そんなわたしを
 恨んで未来から来たのかもね」

「避妊もしないで無責任に子供つくって、自分だけ気持
 ちよくなって……」

「…ごめん。避妊は俺がきちんとしなきゃいけなかった
 んだよな。それは優香のせいじゃないよ」

「だから違うんだってばぁっ。わたしがそうしてほしかっ
 たのっ……お兄ちゃんに膣内で出してもらうと少しだけ
 安心できたの……」

「いくら妹でも引くでしょ?
 お兄ちゃんに膣内(なか)で射精してほしかった
 なんて……」

「いや…」

「…でもわたし、やめないよ?
 避妊だってさせない。お兄ちゃんの赤ちゃんができて
 もいい……」

「なっ…」

「お兄ちゃん、さっき言ったよね?
 避妊は俺がきちんとしなきゃいけなかったって……」

「待って、優香っ…」

「わたしのことを本当に考えてくれてるなら、イクの我慢
 して? わたしがあきらめるまで射精はしないで…?」

「そんなっ…」

「本当にお兄ちゃんが……わたしを大切に思ってくれて
 るなら……」

「うっあ、ああっ、ああああー!?」

 

カウパーの溜まった先端部分に吸いつかれると、
一発で意識がホワイトアウトしそうになった。

 

優香は動かない。

 

ただ黙々と先走りを吸い続け、跳ね上がるペニスを
乳房で挟みこんでいる。

「ん…ちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅく……ちゅっ…
 ん…ちゅぅっ…ちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅく…」

 

時折、亀頭を丸ごと咥えこむほど唇を滑らせ、俺は頭を
抱えながらその刺激に耐えた。

 

全身の水分が吸い出されているような気分になる。

 

唇もカサカサになり、喉が酷く渇き始める。

「ん…これがお兄ちゃんの答え?」

「え…?」

「もしわたし以外の女の子がこんなことしても、同じよう
 にいっぱい先っぽを漏らしちゃうんでしょ?」

「バカ、そんなわけっ…」

「じゃあ、今すぐこのヌルヌルを止めて?
 浮気はしないって、お兄ちゃんのお○んちんで
 証明して見せて?」

 

無理難題を口にする一方で、ぷるぷると細かく乳房が
揺れ動いていく。

 

真っ直ぐに視線を合わせられ、その間でみるみるカウ
パーが溜まっていく。

「お兄ちゃん、わたしは何を信じたらいいの?
 射精しなくてもこれだけで女の子は妊娠しちゃうんで
 しょ?」

 

必死に頭の中で別のことを考えたが、ペニスは萎えるこ
となく先走りを垂れ流し続けた。

 

それが潤滑油となって胸の谷間に流れこむと、もはや
理性ではどうにもならない快感が衝き抜けていった。

 

アダルトビデオなどでは自分から唾液を垂らしてパイズ
リするなんてシーンがあるが、もし優香が同じことをして
いたら逆に萎えていたかもしれない。

 

俺を見る優香の眼差しは冷たかった。

 

それでいて押し寄せる乳房の温もりに癒された。

「お兄ちゃんは誰でもいいんだね……こうやっておちん
 ちんを胸で挟まれたら、相手が菜々や純子さんでも
 気持ちよくなっちゃうんでしょ?」

「っ…」

「お兄ちゃん、目を逸らさないで」

 

言い訳すらできない惨状だった。

 

サオは根本までカウパーで濡れ光り、雁首も雄々しく
拡がっている。

 

そこを谷間の一番深いところで挟まれ、気が狂うほど
クチュクチュと濡れ音を響かせられる。

「はあはあ…ごめん、優香っ……我慢しなきゃって…
 思ってるのにっ…」

「そんな気持ちよさそうな顔してあやまってほしくない…
 本当は我慢する気なんてないくせにっ…」

「そんなことっ……うあっ、あああーっ!?」

「んっ…ちゅっ…ちゅぱ…ちゅぅっ…ん……もし菜々が
 こんな風にしてきたら…ちゅっ……どうするの?」

 

ペロリと裏筋を舐め上げ、再びカウパーを吸い始める
優香。

 

ただただ俺のペニスに尽くし、亀頭への頬ずりやキスを
織り交ぜながら優しく微笑みかけてくる。

 

それが菜々子ちゃんをイメージさせているのだと気づき
ぐっと下唇を噛んで堪えた。

「ちゅっ、ちゅっ…ん……もし純子さんが……こんな風に
 してきたら?」

「あっあ、ああっ、ああっ、あああっ!?」

 

一転して激しく上半身を揺すり、乳房でサオを扱きあげ
てくる。

 

さらに雁首を丸ごと含み、口の中で唾液まみれにして
いく。

 

それを見ていると、本当に純子さんならこんな責め方を
してきそうに思えてしまうから不思議だ。

 

(中略)

「でもなんか我に返ると恥ずかしいな。
 妹にこんなことさせてるなんて……」

「…やっぱり、妹より普通の女の人がいい?」

「…………」

「な…何? そんなにじっと人の顔を見て……」

(ヤバい、かわいい…)

 

一瞬、よからぬことが頭に思い浮かんだ。

 

とても他人には話せない独りよがりな欲望。

 

優香の顔を見ているとペニスが疼く。
声を聞いただけで先走りが溢れてくる。

「どうしたの、お兄ちゃん?」

「いや…今、最低なこと考えちゃってさ…」

「最低なこと? なぁに?」

「な…なんでもない」

「もー、隠し事されたら不安になるじゃん…」

「……言えるわけないよな。
 妹の顔に精液ぶっかけたいなんて……」

「えっ…顔に……ぶっかけ?」

「ああっ、違うっ……今のは違うんだっ。
 本当は心の呟きで……うわあああああっ!?」

 

心の中で呟いたつもりが、思いっきり言葉に出して
暴露してしまう。

 

最悪だ。本当に俺は最低のお兄ちゃんだ。

 

普通は妹の顔に精液かけたいなんて考えない。

 

いくら目が合ってかわいく思えたからって……

「お兄ちゃん…わたしの顔に……ぴゅぅってしたいの?」

「はい…」

 

即答するのか、俺は……。

「…………」

「あ、冗談! 冗談だからさ!
 ごめん、ほんと最低だな。俺……」

「…どうしよ、わたしもお兄ちゃんの精液顔にかけて
 ほしいなんて言えないよ。これじゃ、ただの淫乱じゃ
 んっ…」

「は?」

「え……ああっ!? 違う、今のは違うのっ!
 本当は心の呟きでっ……いやあああっ!?」

 

ぶんぶんと頭を横に振って半狂乱状態に陥る優香。

 

落ち着かせるために両頬を手のひらで押さえ、

「まさか優香も……顔に精液かけてほしかったのか?」

「はい…」

 

やっぱり即答だった。

「参ったな……なんか変態っぽいな、俺たち……」

「だよね……でも前から少し思ってたの。
 全身にお兄ちゃんの精液を浴びて、グチャグチャに
 汚されてみたいなって……」

「ぜ、全身に?」

「うん。顔だけじゃなくて、背中にも太腿にも腋の下にも
 臭い精液をぴゅぅって……」

「やっぱり精液って臭いのか?」

「他の人のは嗅ぎたいとも思わないけど……わたし、
 お兄ちゃんのニオイは好きだよ♪」

「優香…」

「さっきは菜々と純子さんの場合をして見せたけど、
 今度は違うからね?」

「え…?」

「うっあ、あああああっ!?」

 

 

 



本作では初めから妹をイカせまくり!
ではなく、

お兄ちゃんは最初のうち
すぐに射精してしまって
なかなか妹を膣の刺激でイカせてあげることができません。
(ク○トリスではイカせられるのですが)

そんな妹に膣イキのすごさを教え、
同時にお兄ちゃんの「凄さ」を教えてあげるのも
本作の目的です。

悪魔のような騎乗位とフェラチオで
エッチの主導権を握ろうとする妹。

兄として生まれてきたからには、
そんな負けず嫌いな彼女を
後ろから突いて突いて突きまくり


「お兄ちゃんのすごいっ…」

と言わせてみたいものです♪
(※オリジナル版のCGです)

 



<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ