<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ 


ノーコメント。
 
※サンプルではバッググラウンドで流れるフェラ音などは省略しています
実際には地の文が流れている間も
細かく吐息やフェラ音が変化していきます

 


「小柳さっ…うっ!?」

「ん…ちゅっ…ぴちゅ…ぴちゃ…ちゅっ…ん……
 ちゅっ…ぴちゅ…ぴちゃ…ぴちゅ…」

 

次から次へと襲いくる衝撃。

 

力なく垂れ下がった生殖器をすくい上げられ、これまで
経験したことのない未知の快感が衝き抜ける。

 

一連の行為があまりにスムーズすぎて、拒むことよりも
動揺が先をいっていた。

「岩崎君は○○とは違いますよね…?」

「え…」

「岩崎君のは、みこすり半じゃ…」

「ううっ!?」

 

過激な言葉と共に根本からサオを扱かれ、出すつもり
のなかった声が洩れる。

 

それに気をよくしたのか左手でぽんぽんと亀頭を弄び、
目まぐるしく舌先が踊り狂った。

 

まともに理性を保とうとすると、頭の血管が切れそうに
なる。

 

どくどくと脈打つ血流が、今にも血管を突き破らんと
その勢いを強める。

「ん…ちゅっ…ん……気持ちいいですか?」

 

それを否定するために腰を引くと、

「認めてください。わたしに欲情していること…」

 

これまで以上に握る力を強められ、半勃ちのペニスが
口元に引っ張られた。

「くっ…どうしてこんなことっ…」

「…ずっとこうしたかったんです。
 前からこんな日が来ることを夢見てました…」

「でも俺は…」

「こうでもしないとあなたを独占できない…」

「!?」

「岩崎君がわたしを犯したくなるまで、こうやって
 続けます」

「ああっ、うっあ…」

 

勃起するわけにはいかなかった。

 

今すぐにでも小柳さんを振り切って、この部屋から
出なきゃいけなかった。

 

でも熱い舌先が鈴口に触れるたび、腰の砕けるような
快感が奔っていく。

 

そのたびに小柳さんは、満足そうに口の端を吊り上げ
る。

「わたし、知っています。
 男の人って愛がなくてもこうすると大きくなるんです
 よね?」

「やめよう、もうこんなこと…」

「嫌ならどうしてもっと抵抗しないんですか?」

「くっ…」

「どうしてこんなに……ビクビクしているんですか?」

 

いくら力で突き放しても、サオを握る手が緩むことは
なかった。

 

それどころか何度も亀頭に頬ずりし、突き放した分だけ
逆に尽くされる。

 

その吐息が熱を帯びていく。

「殴られても放しません。
 あなたがわたしだけのものになるまで…」

(ダメだ、このままでいたら…)

 

優香が晩ご飯をつくって、部屋で俺の帰りを待ってて
くれている。

 

こんなところで一時の衝動に流されて、優香をひとりに
するわけには……。

「…妹さんのことが気になりますか?」

「ごめん。やっぱり俺、帰らなきゃ…」

「本当に優しいお兄さんなんですね…」

 

僅かにサオを掴む手の力が弱められ、小柳さんは俺の
顔を見上げてくる。

「それじゃあ…」

「でも……言い訳ができないぐらいここが大きくなったら
  そんなことも言えなくなりますよね?」

「――――!?」

「滑稽だと思いませんか? おち○ちんを勃起させて
 妹さんのことを心配するなんて…」

 

再開されたペニスへの刺激は、明らかにこれまでとは
違っていた。

 

指先が猫の顎を撫で上げるように裏筋を弄び、それに
よって先走ったカウパーは全て舐めとられる。

 

男の感じるところを知り尽くしているようなその手つき。
舌さばき。

 

抑えられない血液の流動により、海綿体が膨大してい
く。

 

ほどなく亀頭が小柳さんと向かい合うように首をもたげ、
勝手に舌の上へと乗り上げた。

「…そんなにおちんちんの裏側を嘗めてほしいんです
 か?」

「違っ…うあっ!?」

 

否定する間もなく、たっぷりと唾液を含んだ粘膜が
絡みついてくる。

「ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃ……ん…ちゅっ…
 ぴちゅ、ぴちゃ…ぴちゅ…ちゅっ…ぴちゅ…ぴちゃ、
 ぷちゅ…ぴちゅ…るっ…ちゅっ…」

 

頭の中では必死に別のことを考えていた。

 

ヘソから下の器官は全て自分とは無関係だと割り切っ
た。

 

だがそんな俺を嘲笑うかのように、理性のない肉器官
は反りを強めていく。

「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ…ん……ちゅっ、ちゅっ、
 ぴちゅ、ぴちゃ、ぴちゃ…ちゅっ…ぴちゅ…ちゅっ、
 ぴちゅ、ぴちゃ…」

 

ペニス全体にキスを散らされ、意識が濃い霧のような
ものに覆われてくる。

 

手慣れた男性器の扱いは、豊富な性経験に裏打ちされ
たものなのか……。

 

『そいつ、結構いい具合だったぜ?』

 

○○の姿が思い浮かぶと、自然に勃起は抑制された。

「小柳さん、もう…」

 

同じことを○○にしている小柳さんの姿が頭をよぎり、
ペニスはだらりと垂れ下がる。

「ん…ちゅっ…妹さんのことを考えたんですか?」

「いや…」

「今頃、ひとりで寂しくお部屋で待っていますよね。
 優香さん…」

「…………」

「もっと妹さんのことを考えてください。
 あの子のことで頭をいっぱいにしてください」

 

煽るように言い、一方でクビレの先が優しく手のひらで
包まれる。

 

小柳さんの言動が理解できなかった。

 

俺を引き留めておきながら、今は頭の中で優香のことを
考えろと言う。

「受け入れられますか?
 こんなにやわらかいおち○ちんが、どんなに抵抗して
 も大きくなってしまうこと…」

「くっ…」

「わたしはあなたを悦ばせる術をたくさん知っている。
 一瞬ですよ? 一瞬であなたは自分のことが信じら
 れなくなるんです…」

「男の人って悲しいですよね。
 口ではどんなに格好いいことを言っても、こうやって
 おち○ちんの先を優しく揉んであげれば…」

「ああっ、うっあ、ああっ…」

「聞こえますか? わたしの手の中からあなたの本音
 が……くちゅくちゅ、くちゅくちゅ、イヤらしい音を立て
 て……」

「認めてください。わたしに欲情しているって…」

「っ…」

「それとも自分の目で見なければ納得できませんか?
 この破裂しそうなおち○ちんの先を…」

 

そうして小柳さんは指の隙間からにゅっと亀頭を圧し
だし、露出した部分を舌先でくすぐっていく。

 

その瞬間、一気にサオが跳ね上がり、

「ん…ちゅっ…ぴちゅ…ぴちゃ…ぴちゅ……んっ……
 きっと妹さん、寂しくて泣いていますね…」

「うっ…やめっ…」

「今もあなたの帰りを健気にひとりで待ち続けて……
 妹さんの手作りの晩ご飯も冷めちゃってますね……」

「くっ、優っ…」

「でもわたしはあなたを帰らせない……帰れないです
 よね?」

「頭の中は妹さんのことでいっぱいでも、おち○ちんを
 こんなにカタくさせていたら……」

「気持ちよすぎて気絶しないようにしてくださいね?
 岩崎君は感じやすいみたいなので…」

「あむっ…ちゅっ…ちゅっぽ…ぢゅっ…ぢゅぽっ…
 ちゅっ…ちゅっぽ…ぢゅっ…ぢゅるるっ…ぢゅっ、
 ぢゅっぽ…ぢゅぽっ…ぢゅっ…ぢゅるっ…」

「うああああっ!?」

 

 

 



このあと、さらに達也と優香を追いこむ展開が!?

主なエッチの傾向としては、

・絶対に興奮してはいけない状況で、無理やりイカせられてしまう
・処女のまま、妹が精液注入

他には、

・ネットゲームなどで「^^」や「^^;」の顔文字を多用する人を見ると
なぜかイライラする



そんな精神状態の方にはお楽しみいただける内容となっております
 



<< うちの妹のばあい純愛版 メインページへ