うちの妹のばあい 純愛版


うちの妹のばあい 純愛版のページへ




 

 

 


純愛版での新キャラその1。
学校の保健担当医で北川純子の親友。

性格は真面目で理性的
達也のことは「君」と呼ぶ。

年下の男の子(達也)が大好きな純子に対し、

「わたしは年下の子に興味はないから…」

と、さらり。

達也のことは弟みたいな存在としか思っていない。


音声サンプル

■日常■

サンプル1

サンプル2

サンプル3

サンプル4

サンプル5
誰かと電話中のようです

サンプル6

若さはそれだけで財産です(しみじみ)

サンプル7
保健の先生vs担任教師

サンプル8
あくまで第三者

サンプル9
押し倒すぞ、コノヤロウ

サンプル10
???
 

■濡れ場■

サンプル11
童貞vs保健の先生
 
サンプル12
おち○ちんの袋を指で摘みながら

サンプル13
年上だろうがなんだろうがイカせまくってやんよ!(←間違い)と
豪語してみたものの……

サンプル14
ひぃぃっ、ひぃぃぃっ!?

サンプル15
耳元で囁きながら亀頭を手でクチュクチュする魔性の女

サンプル16
勃起したいときに勃起しないで何が日本男児か!

サンプル17
裏筋を指先でこちょこちょ

サンプル18
年下のすごさを見せつけてやんよ!(←間違い)と
豪語してみたものの……

 

サンプル19
ナメられすぎ

サンプル20
後ろからガッとサオを掴み、腰振りの練習をさせる保健医

サンプル21
さー、出すもの出したし帰ろうかな……ちょっ!?

サンプル22
童貞でほんとゴメンなさい

サンプル23
ボク、早くなんてないです><

 


サンプル24
なんかもー、真面目に勉強やら仕事するのがバカらしく…

サンプル25
ゴ、ゴクリ…

サンプル26
気持ちいー!

未来予想図1
未来予想図2
いつかこうなったらいいですね

■おまけH■
サンプル27
サンプル28
サンプル29
おまけHでは、ゲーム本編のイチャイチャHとは違う、
別のシチュエーションのHをお楽しみいただけます


■3本締め■

サンプル30
フェラチオのあと、保健の先生は
 

サンプル31
手扱きで精液を遠くへとばすのが大好きな保健の先生は

サンプル32
今日はこの辺で……と帰ろうとしたところ、保健の先生は


 

「こんにちは。家庭訪問に伺いました」

「え…」

「ごめんなさい、岩崎君。急に押しかけちゃって…」

「ほんと、困るよねー。
 さゆりがどうしてもたっちゃんの部屋に行きたいって
 言うから…」

「もぉ、部屋に行きたいって駄々をこねたのはどっちよ」

「細かいことは気にしないっ。
 それよりさゆり、中に入って? 狭い部屋だけど…」

「あっ、ちょっ…純子さ…」

 

「ほんとに入っちゃうんだもんなあ…」

「…君も色々、大変ね」

「あ、さゆり先生もよかったらどうぞ。
 部屋、汚いですけど…」

「じゃあ、少しだけお邪魔するわね」

「二人とも適当に座ってて。今、お茶を煎れるから」

「いや、お茶なら俺が…」

「いいからたっちゃんは休んでて♪
 さゆりは押し入れの中で寝ててもいいわよ」

「はいはい。二人の邪魔はしないから安心して」

(この様子だと、さゆり先生は無理やり付き合わされたの
 かな…)

「あきれた……ほとんど、押しかけ女房ね」

 



「さゆり、入るわね」

「あら、純子どうしたの?
 珍しく真面目な顔をしちゃって…」

「急患なの。この子を診てあげて」

「急患って、純子のお気に入りな彼?」

「たっちゃん、自分できちんと話せる?」

「あ、えっと…」

「だから学校でたっちゃんはやめなさい?
 どこで誰が聞いてるか分からないのに…」

「この際、学校で公認してくれないかな」

「そんなこと公認できるわけないでしょっ」

「どうしてさゆりが怒るのよ?」

「わ、私は別に怒ってなんか…」

「あの…」

「ごめんね、たっちゃん。
 さゆりったら年下の男の子にはいつもこうなの」

「冷たいというか、融通が利かないというか…」

「あのねえ……言っておくけどこれが普通よ?
 純子がおかしいだけじゃない」

「年下の子のことになると見境がなくなるんだから…」

「変なこと言わないでよー。
 それじゃあ、年下なら誰でもいいみたいじゃない」

「あ、ごめんごめん。純子は面食いだもんね〜」

「何よ、面食いはさゆりだってそうでしょー」

「あ、あの…」

「たっちゃん(岩崎君)は黙っててっ」

「…はい」

 



うちの妹のばあい 純愛版のページへ