うちの妹のばあい 純愛版のページへ




 



 


優香の親友で、お金持ちのお嬢様。

おっとりマイペースな性格で何をするのも危なっかしい。
お兄ちゃんがいる優香のことを羨ましく思っている。

早朝や放課後、よく野球部の練習を見ているようだが…。



「優香ちゃん、今日はこれからどうするの?」

「どうするってすぐ帰るけど。菜々は?」

「私は…」

「お嬢様は貴様のような暇人ではない。
 ささ、日舞(日本舞踊)の稽古へ参りましょう…」

「そんなの習わなくても、いいお嫁さんにはなれるのにね」

「貴様が言ってもまったく説得力がないな。
 親不孝の不良娘が…」

「優香ちゃんはすごくかわいいお嫁さんになるよね〜♪」

「なるわけがない!」

「…そこまで言い切られるとムカつくんだけど」

「どうせ貴様の得意料理は肉じゃがだろう?
 そう答えておけば男が満足すると思って勘違いして
 いる女がなんと多いことか!」

「今時、得意料理が肉じゃがっていうのも古くない?」

「ロールキャベツとかは?」

「あ、いいね〜。あれって手がこんでるように見えて、
 実はあまり手間がかからないから…」

「不純な! 楽をして男に好かれようという魂胆が
 見え見えではないか! 汚らわしい!!」



うちの妹のばあい 純愛版のページへ