うちの妹のばあい 純愛版のページへ




 



 


純愛版での新キャラ。
小学校の頃から達也の追っかけをしている女の子。

基本的に大人しく、普段の生活では目立たないタイプだが、
野球をしている達也を遠くから眺め、その想いを募らせていた。

しかしその儚い恋は、想いを伝えることなく終わってしまう。
いつも達也の傍にいた、ひとりの少女の存在によって。

まるで恋人のように付き従い、達也へと接する異性の存在。

その少女の名は、岩崎優香

いつしか美穂の心には、深く暗い闇が広がり始めていた。

アノオンナサエ……アノイモウトサエ、イナケレバ……。

反発し会う理性と恋心。
一度はあきらめた憧れの人。

そんな彼女の純粋すぎる想いに目をつけたひとりの男が
現れる。

「何なら、協力してやってもいいんだぜ?
 そんなに達也と付き合いたいなら…」

「兄」に想いを寄せる小柳美穂。
「妹」を想い続ける虎牙猛。

その出会いは、新たな悪夢の始まりを予感させた……。


音声サンプル

■日常■

サンプル1

サンプル2

サンプル3

サンプル4
黙らっしゃい!

サンプル5

サンプル6
優香さんの表情が優れないようですが……

サンプル7
童貞とお別れした次の日、朝日に目を細めていると

サンプル8
なにやら、いつもと声の調子が……

サンプル9
今さら、「純愛版」とか出すメーカーってさー



サンプル10
他の男には触られるのも嫌みたいです

サンプル11
どことなく、毒が……
 
サンプル12
ひどくご立腹のようです

サンプル13
優香さんがビクビク震えているようです……

サンプル14
女って怖い生き物

サンプル15
なんだかんだ言って、また空気の読めないBADとかあるんでしょ?

サンプル16
妹への精神攻撃1

サンプル17
妹への精神攻撃2

サンプル18
暗黒お姉ちゃん
 

■濡れ場■

サンプル19
ペニスを扱きながら不適な笑みを浮かべる美穂

サンプル20
む、むぅ……

サンプル21
 いい響きです。「まだ男を知らない妹」

サンプル22
 そんなこと、ないない!

サンプル23
膣内射精中

■混沌と書いてカオス(おまけH)■


サンプル24
サンプル25
サンプル26
サンプル27(※スタッフ個人の嗜好です)
サンプル28

サンプル29

 

「もしかして困ってますか?」

「はは、ちょっとね……俺、君の名前も知らないし」

「あ…わたし、小柳美穂って言います。
 学年は岩崎君と同じ2年です」

「え、そうだったんだ。
 てっきり学年が違うのかと思ってた」

「…そうですよね。
 わたし、暗くて目立たないですから」

「暗くはないと思うけど、同い年なんだから敬語っぽく
 話すのはやめよう?」

「いいんですっ。岩崎君はわたしの憧れの人ですから」

「気持ちは嬉しいけど、俺はそんな風に思ってもらえるような
 男じゃないよ」

「そんなことないです! 野球をしてる時の岩崎君って
 ほんとにかっこよくって…」

「でも俺、野球やめちゃったしさ」

「…わたし、知ってます。
 岩崎君が中学の時に野球部をやめた理由…」

「!?」

「その理由を知ったら、もっと岩崎君のファンになっちゃい
 ました」

「…………」

「わたし、信じてますから。
 岩崎君は絶対、また野球部に戻るって…」



「じゃあ俺、学校に行くから…」

「…待ってください!」

「え?」

「そんなに妹さんが大切ですか?
 自分の身体よりも大事なんですか?」

「…………」

「わたし、友達から聞きました。
 岩崎君と妹さんは本当の兄妹じゃ…」

「大事だよ」

「!?」

「きっと、周りの人から見たら俺みたいなのはおかしく
 感じるんだろうけど……」

「…………」

「…あいつには今まで辛い思いをさせてきたから。
 俺の妹になったせいで…」

 


うちの妹のばあい 純愛版のページへ