うちの妹のばあい 純愛版


うちの妹のばあい 純愛版のページへ




 





隣のお姉さん。
達也と優香が住むアパートの隣の部屋に生息。

今年の春から達也の担任教師となった。

幼い頃から岩崎兄妹の面倒をよく見ていたため、気がつくと
保護者のようなポジションに。

達也のことは「たっちゃん」と呼び、二人っきりになるとつい
過保護に接してしまう。

そんな関係に、妹の優香がヤキモチを焼くこともしばしば。

新キャラで保健の先生である春日さゆりとは親友の仲。
よくさゆりには、「かわいい年下の子がいるの〜♪」とノロケている。





「優香ちゃんは今、反抗期なのかもしれないね…」

「…そう考えた方が楽かもしれないですね」

「そういえば、たっちゃんって反抗期なかったよね?
 前からず〜っと真面目で優しかったし…」

「俺の場合、反抗できる相手がいませんでしたから」 

「そっか……たっちゃんぐらいの年頃の男の子って、
 お母さんと一緒に歩いたりするのが恥ずかしいみたい」

「授業参観も『来なくていい!』とか言っちゃったりして…」 

「俺にしてみたら、そういうのすごい憧れですけど。
 反抗できる相手がいるだけでも幸せっていうか…」

「じゃあきっと、優香ちゃんは幸せだね♪」

「!?」

「いっぱい反抗できる人がいて……それでも優しく包んでくれる
 お兄ちゃんがいて……」

「…………」

「もっと自信を持って?
 たっちゃんが傍にいるだけで優香ちゃんは幸せなんだから…」




うちの妹のばあい 純愛版のページへ