<< 幼なじみな彼女 メインページへ 



 相川健二 -糸目-

 
寝てるのか笑っているのか分からない、いい人そうな糸目君。
  初回プレイ時にはほとんど姿を見せない。
  2周目、3周目と本編のプレイを重ねるたびに出番が増え、
  ついには大変なことをやらかしてしまう(笑)

  葵に片想いをしているが相手にすらされず、いつも情けない
  声で葵のことを追い回している。

  本編ではヒロの男気(?)に触れて『アニキ』と慕うようになり、
  なぜかその熱い眼差しを彼のお尻へと向けるようになる。



 

「待ってくださいよ、アニキぃ〜!」

「あー…もう、うるせえな。いちいち邪魔すんな、お前は」

「…………」

「…つーか、なんでたまに俺のケツを熱い視線で
 見つめる?」

「へへ…」

「へへじゃねえよ、お前…」

 

 

「分かったから、いちいち抱きついてくんな。
 ほら、離れろよ。お前は…」

「はぁはぁ…アニキの身体、筋肉がすごくて……
 オレ……やばいっすよ。はぁはぁはぁ……」

「うぐぐぐ…」

「健二、もう行こっ。ヒロ先輩も困ってるでしょ?」

「はぁはぁ……まだもう少し……はぁはぁはぁ……
 アニキ……アニキぃっ」

「いいから離れるのっ。ほら、早くぅっ…」

「ああっ…アニキ……オレ……オレっ……」

「この辺の地面を掘ったら、石油か温泉でも湧いてこねえかな…」

「やっぱり世の中、金だもんなあ。金さえあれば、
 葵だってこの健二さまに……く〜っ!」

「…………」

「いや、がんばれ健二っ。世の中には、貧乏でも助け
 合って生きてる兄妹だっている」

「でもいい加減、フリーターはやべえか…」

「だからって、オレみたいなのを雇ってくれるところ
 なんて……はあ……」

 

「あの人、喜んでたよ。いつかあんたが……自分を止めてくれると思ってたって」