<< 幼なじみな彼女 メインページへ 


遂に始まる童貞卒業の儀式。

舞はファーストキスの際に
ヒロの顔を見て吹き出したり、
初めて男のナニを触って
その大きさに言葉を失ったりで、
なかなかすぐ挿入とはいかなかった。

だがそんな舞もとうとう年貢の納め時

一糸纏わぬ姿になり、
舞はそれまで頑なに閉ざしていた左右の太腿を
ゆっくりとM字に開いていく。

それに乗じ、
童貞の妄想として頭の中に思い描いていた
手際のいい挿入、スムーズな初体験を
実行に移そうとするヒロだったが……。

 


 

挿入を試みるには、今しかなかった。

 

へこへこと腰を動かしてペニスの先を奔らせ、膣口の
位置を探る。

 

自分の先走った汁と舞の愛液が混ざり合い、それが
肥大した亀頭にまとわりつくと、太腿にこすれただけ
でも暴発しそうになった。

「やだ…なんかヒロ、一生懸命でかわいい♪」

「ったく、誰のせいでこんな苦労してると思ってんだよ」

「お前が裸を見るなって言うから、挿れるのに時間
 かかってんだからな」

「そうなんだ……男の人って大変なんだね」

「他人事みてえだな、お前は…」

 

会話のあと、舞は積極的に俺の舌を吸い始める。

 

そんな強烈なキスと、胸に突き刺さる乳首の感触。

 

そしてジュクジュクになった膣口に吸いこまれかけた
ペニス。

 

湿った舞の肉ビラが亀頭にこすれ、一気に射精の衝動
が背筋を駆け抜けた。

「うっ!?」

 

すんでのところで腰を引き、無様に果てるのは回避し
たが、舞は俺の情けない声を聞いて、きょとんと首を
傾げている。

「どうしたの? 大丈夫…?」

「…ああ。
 でも、挿れてすぐに終わっちまったらごめんな?」

「終わるって?」

「だから、それは…」

 

軽いキスでごまかしたあと、まずは自分を落ち着かせ
ることから始める。

 

すると舞は不安そうな表情で俺を見つめ、首の後ろの
辺りをなでなでしてきた。

「わたしも何かした方がいい?
 あ…もっと体重かけていいよ。疲れるでしょ?」

「バカ、平気だ。でも、一生忘れられそうにないな。
 童貞を捨てるのに色々と苦労をしたことは…」

「…ねえ、気になってたんだけどさ。
 童貞を捨てるってやめない?」

「ん? 何だよ、ここまできて気が変わったのか?」

「そうじゃなくって。一生に一度のことでしょ?
 何だか、捨てるなんて言い方もったいないよ」

「なら、どう言えばいいんだよ」

「う〜ん…じゃあ、こうしよっ。
 ヒロの童貞は、この野崎舞がいただきますっ」

「なっ!?」

「だから、舞のバージンは……ヒロがもらって?」

「…………」

 

ここにきてようやく、初体験の重みを感じ始めていた。

 

同時に、初めて触れた女の身体が、舞でよかったと
心から思った。

「しっかり掴まってろ、舞…」

「うん…」

 

お互いの覚悟を確かめ、少しずつ舞に体重を
預けていく。

 

最初はバラバラだった呼吸がいつしか重なり、キスは
一時的な麻酔の役目すら果たさなくなった。

 

膣口にあてがった逸物は、生涯最高の膨張率を
記録している。

「はあ…はあ…はあ…すごい……びくびくしてる…… 
 ヒロの……びくんびくんって……」

「ああ。このまま挿れるからな、舞。
 お前のバージン、俺が…」

「あっ…ああっ…うっく、うっ、んんっ、んっん!?
 はあはあはあ…待って、ヒロ。痛っ…」

「くっ、舞っ!」

 

 

 



果たして二人は無事に初体験を
済ませることができるのか?

そしてヒロと舞の間に、
幼なじみという関係を超えた
何かは芽生えるのか?

朝まで10連発への長い道のりは、ここから始まる――。



<< 幼なじみな彼女 メインページへ